家出?昔から反抗期には家出と相場が決まっているが…

どんなに時代が変わっても若者の中には家に帰らず家出する人がいます。
この家出には、親とのかかわりによって起こるものが多いのですが、ではなぜ若者たちの間に家出が増えているのでしょうか。
それは親に対しての反抗という部分もあれば、楽しいことがしたいからということもあるでしょう。
家出をすれば親が心配してくれる、親に自分は反抗しているとわかってほしい、このような気持ちから家出をするということもあるでしょうが、それよりも、今の時代の家出の意味は楽しいことをしたいから家出するということや、家に帰らないという結果につながっているのかもしれません。
ですから今までの家出のように、警察沙汰になるような概念はあまりありませんし、最近では家出がそんなに大きな問題にはならないということもあるようです。
親のほうも心配こそすれあまり大きな問題として取り扱っていないようです。
ですが女の子の親であれば心配をしなくてもいいというのはどだい無理なことです。
女の子となると男の存在が出てきてしまいます。
男に言いくるめられているのではないか、誘拐されているのではないかというように考えてしまう親も多いです。
ですが女の子たちはまさに親の心子知らずで、友達、仲間同士で楽しいことを目いっぱいしているのです。
ですから親に対して反抗心があるということは少し前の時代ということになります。
現代の女の子たちは対抗するから家出するのではなく、さらにリスクの高いことをしている可能性もありますから、このようなことからも家出の意味自体が変わってきているのでしょう。
家出ではなく、援助交際をしているようになれば親も心配の種がつきません。
ですから今家出といっても意味はまったく違うと認識しておきましょう。

You may also like...

1 Response

  1. 匿名 より:

    親への反抗心、昔を思い出す。何度家出しようと思ったものか。結局はできなかったが。
    今はより簡単に家出ができる時代になっていると感じる。簡単になったがゆえに家出する理由も昔よりずっと陳腐化しているのだろう。