家出の今と昔。今の家出は家出ではない?

家出の現代事情を考えると、家出という表現よりは家に帰らないというほうが正しいといえるでしょう。
ですが家に帰らないというのも親にとっては心配なことです。
家に帰らないということを「そんなこといいよ」といえるような親はどこにもいないでしょう。
むしろ何かしらトラブルを抱えているのではないかと思われます。
ですから家出の意味自体が変わりつつあっても、家出をすることで親が安心したり、喜んだりということはまずないのです。
ですが実際に家出を深刻に受け止めなくてもいい方法があります。
それが何かというと携帯電話です、
今までの家では家出をすれば音信普通となりましたから、子供から親に連絡しなければ子供と連絡を取り合うことはできませんでした。
そのため子供が家出をしてしまうと親は、友達の家などを手当たりしだい電話していき、どこにいるのか白津押しました。
ですが今の時代は携帯電話が発達し、普及したこともあり、家に帰らないということがあっても連絡はいつでもできるという状態に安心してしまっているのです。
また携帯電話の機能はどんどん発達し、GPS機能つき形態も当たり前になってきました。
GPS昨日さえあればインターネットを使えば子供がどこにいるかすぐにわかるようになるのです。
このようなことを踏まえると、家出が大きな問題化というとそうではなくなってきて利羽ようです。
むしろ家出という言葉の意味もわからなくなってきているのです。
今までは警察に捜索願を出して子供がどこにいるか素人しましたし、親も不安になったり心配しました。
しかし今の時代は高機能な携帯電話があるために、子供がどこにいてもわかる状況になっているのです。
ですから親も家出を大きな問題とすることはなく、子供を注意することでさらに関係が悪化しても、ということから行動を制限しないというようなことが起こっているのです。

You may also like...